統合医療について、当学会では次のように考えております。
「統合医療とは、現代の最先端西洋医学と東洋医学とを統合した医療技術により総合的に治療する医療を言います。」
現代医学は西洋医学が主流で東洋医学は二次的な補完的または代替医療として見られている場合が多いと思います。
しかし、東洋医学は二次的または補完的ではなく、未病概念も存在し古くから健康管理についても積極的で、両者には根本的な医療に対する考え方の相違があります。東洋医学も伝統的医学から発展させ最先端東洋医学を研究し発展させています。

西洋医学と東洋医学の根本的相違!
西洋医学は、疾病を治療します。その疾病の原因の対処療法を行います。対処療法とは胃潰瘍の時に胃薬、安定剤等を投薬したり手術をしたりして治療しますが、体のほかの部分は診断しません。胃潰瘍のみを治療します。それに対して東洋医学は、胃潰瘍の場合も胃の診断は当然として体全体も診断します。東洋医学では胃潰瘍等の疾病を疾病と言わずに病気といいます。東洋医学には病気は気を病むこととの考えがあり病気といいます。病気は、病んだ臓器等の問題ではなく体全体の気の乱れにより病気が発症すると考えます。東洋医学は、病気である枝を見て体である木の全体も診るのです。

しかし、東洋医学の問題点は科学的根拠のない迷信的な治療方法も行われ医学界において信用を失っている部分もあります。中国は、新旧のツボについてどのツボが医学的にどのような効果があるかを科学的に検証し発展させています。それに対して我が国の東洋医学はまだまだ遅れて迷信的な治療方法も現実に行われています。

脱線ですが、フランスでは7割の人が針治療の経験があります。しかし、フランスの針は中国の鍼灸技術です。そして、針そのものは日本の針を使用しているとのことでした。良いとこどりのフランス人らしい考え方と思います。

いずれにしても、我が国の医学界や国民は東洋医学のすばらしさを理解していないようで残念に思います。偏見と迷信がなくなり東洋医学を含んだ統合医学が普及して最先端の医学として進歩発展することを願うものです。当学会の活動がその一助となれば幸いです。


「統合医療の日」= 10月5日


The Japanese United Associations of Integrated medical
日本統合医療系連合学会
本部:
〒164-0013 東京都中野区弥生町3-24-11 医療ビジネス関連学会協議会内
電話:03-5302-1215
E-mail: psm-admin●※umin.ac.jp (●※をアットマークに変えて送信ください。)


幹事団体:
日本未病研究学会・日本医療福祉学会・日本保健医療学会・先端保健科学研究所
全国医療カウンセラー協議会・日本未病養生専門員協会・日本未病研究団体連合会
日本医療面接士会・日本リスク管理学会・日本統合医療研究機構

協力団体:
医療ビジネス関連学会協議会・一般財団法人東京総合研究機構
一般財団法人医療福祉経営評価研究機構・関東信越医療法人支援センター
NPO法人日本医療ビジネス・コンサルタント協会・国際未病治協議会
一般社団法人全国消費者協会中央研究所


ご協力をお願い致します。写真をクリックするとユニセフの申込みのホームページにつながります。 ユニセフマンスリーサポートプログラムのご紹介